VIA C7 プロセッサ(Processor)

主な特徴

  • 低消費電力、ワットあたりの実行性能が Pentium Mより高い *1
  • 1.0GHz〜2.0GHzのクロックをサポート
  • SSE2, SSE3命令セットサポート
  • 暗号化アクセラレーション機能(AES, RSA)搭載
  • Centaur Technologies社(VIA社の子会社) 設計
  • IBM 90nm SOIプロセスで製造

公式サイト

項目VIA C7-MC7-M ULV
クロック1.5GHz - 2.0GHz1.0GHz - 1.5GHz
命令セットx86, SSE2, SSE3x86, SSE2, SSE3
キャッシュ128KB128KB
FSB400MHz400MHz
アーキテクチャEstherEsther
プロセス90nm90nm

ベンチマーク

  • 電脳領域 HKEPC Hardware
    http://www.hkepc.com/hwdb/viac7m-5.htm
    PC Mark04、3DMark 2001SE、Aquamark、Mobile Mark 2002、SiSoftware Sandraのベンチマーク結果が掲載されている。C7-M 1.0GHz っていうのは、Pentium 1.1GHz ULVの半分程度の性能のようだ。

ニュース

ブログ


*1 が同一クロックでの処理性能は低い
*2 すでに公式サイト上では Ultra Mobile PCへの採用が唱われている

【PR】 【NTTスマートコネクト】オールインワンで2,100円から 【PR】
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-28 (土) 17:08:39 (4606d)