Ultra-Mobile PC (UMPC)関連のブログ記事

2006年05月1日(月)

注目を集めたのは下記のような話題だ。

  • UMPCが慎重な船出というPC Watchの記事
  • TabletKiosk製UMPCが内蔵ファンの問題で出荷遅れとのこと (SmartCaddieにも影響?)

  • ハイク (kei_1's Blog)
    http://k1.blogs.com/weblog/2006/05/post.html
    Link: 三浦優子のIT業界通信 慎重な姿勢で船出する“Origami”(PCWatch)  「ハイク」は、「オリガミ」と共に、UMPCの開発コードネームとして候補にあがったと紹介された。だが...  いいじゃないか、ハイク!  ぜひそのサイズと価格の両立を目指してほしいなあ。
  • 三種の神器 (Cynthia)
    http://cynthia2blog.blog55.fc2.com/blog-entry-35.html
    雷鳴りすぎ ところでNESASMがよくわからなくて投げ出しそうな私。まあ、絶対必要というわけでもないので今回は見送ってもいいのですが。巷では既に始まっているGWとやら。あっちでも大変みたいですね。◆今日の三種の神器 DMC-12 折り畳み傘 UMPC これさえあれば、外では
  • デジタルペン (IT+教育)
    http://d.hatena.ne.jp/hideji_yamazaki/20060501/1146477605
    ■デジタルペン ITの教育利用を考えるとき、 ”手で書く”場面をどうやって取り込むか、ということが問題になることがある。 キーボード入力ではルート(√)の記述さえままならないし、 学齢期であれば、書くという行為そのものを軽視できない。 パソコンの場合、これを解決するツールとして、手書き文字をそのまま ディスプレイ上に取り込むツールがある。呼び名は様々で、 デジタルペン、ペンデバイス、手書き入力デバイス、などと呼ばれており、 大きく3つのタイプに分類することができる。 タイプ1.ディスプレィに直接書くもの        (例)TabletPC、液晶ペンタブレット タイプ2.外部デバイスに書いて取り込むもの        (例)ペンタブレット
  • 復活!? (ぐっさんのじゃいかなブログ)
    http://ameblo.jp/shingetter/entry-10011972208.html
    この記事のURL |コメント(0) |トラックバック(0) | 2006年04月28日 だましだまし テーマ:じゃいか で、PCトラブルの話の続き。 中身を確認しようとして分解をはじめたはいいが、一歩間違えると このPCが完全に再起不能になる可能性もある。 で、ビビリの僕は、蓋を外すところまでいけなかった…… カッコ悪っ!! 結局中身を見ることなく、作業を終了してしまいました。 だって、怖すぎますよ、これ。力入れると変形しそうやし。 これがね、完全に壊れて捨てるやつやったら別にええねんけど、 まだまだ使い倒したいしなぁ。。 ということで、だましだまし使ってます。どこまで持つことやら。。

【PR】 【NTTスマートコネクト】オールインワンで2,100円から 【PR】
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-28 (土) 17:08:46 (4899d)